ライザップクックのオンラインレッスンの説明と口コミ

ここではライザップクックのオンラインレッスンについての解説と、私の日々の自炊の様子をレポートしています。

ライザップクックのオンラインレッスンとは

ライザップクックに入会するとスマホアプリのLINEでライザップ公式と繋がる事ができます。

そして教室だけでなく、LINEによってオンラインレッスンを行っていく形となります。

オンラインレッスンと言っていますが要は自炊の事で、トレーナーのアドバイスを元に自宅で自分で料理に取り組む事になります。

料理教室でのレッスンは皆一定のものを習いますが、オンラインレッスンは自分から質問をしたり双方向でやり取りが出来るものです。

私が入会を決めた1つの要因

私がライザップクックへの入会を決めた1つの要因としてこの仕組みがあります。

料理教室では習って出来た気になるけど、自宅でどうすれば良いかわからない

これが私の大きな問題でした。

日々の自炊のモチベーションが上がらない、やる気が出ない、献立を考えられない。食材が余ってるけど何に使ってよいかわからない

こういった課題を抱えているので、それを解消するためにLINEがとても有効なんじゃないか、自分でも毎日自炊出来るんじゃないかと思ったのです。

オンラインレッスンで出来ること

例えば次のような質問を投げかける事ができます。

なんていう細かい質問から

「今日のお題をお願いします!」

これ実は今日の献立まるまる聞いてるんじゃ‥(๑•̀ㅁ•́๑)✧キラーン

そうすると回答がトレーナーから返ってきます。かなり長文のアドバイスです!

トレーナー忙しいのによくやるよ‥

トレーナーは日々生徒のためにレッスンを朝から夜までやっています。その合間合間で時間を見つけて私達のLINEに返信をしています。

しかもスマホでピコピコ文字打ってるそうです!

かなり大変だと思うのでLINEレッスンはライザップ本部がやったらいいんじゃない?て思ったほどです。

でもトレーナーには家族構成や好き嫌いなどのパーソナルデータをお話してるので、そのあたりに基いて返信をしてくださっています。

僕の方は単発でピコピコ質問するんじゃなくて、なるべく1回で大量に聞くようにしています。その方が回答しやすいかなと思って。

オンラインレッスンで難しいこと

オンラインレッスンと言えどもやり取りはメール、LINEなので難しい部分もあります。

LINEでの伝達なので写真はありません

オンラインレッスンはLINEで文字でやり取りしてますし、先生の知識やメモから文字にして返信をくださる形なので料理工程の写真はありません

なので切り方や切るサイズ感、技術的な部分、盛り付け、火の入れ具合、どんな味になるのが正解か‥は自分の想像で補完するか、再質問しかありません。

トレーナーも苦悩している部分

これはトレーナーの方もおっしゃってましたね。文字だけで伝えるのが難しいので伝わりやすい料理、文章をひねり出してLINEをしてる‥とのこと。

もう少し自分の料理の腕も上がって、文面だけで意図を全て汲み取れるようになると良いのですが‥なかなかです。

この2点がオンラインレッスンで難しいと感じる部分ですね。

とはいえ、日々冷蔵庫に余ってる食材の使いみちをヒアリング出来るのはかなりメリットですしかなり助けられている部分があります。

教室での実習は週1回なのでその間の自炊するモチベーションUPにもなっています。

オンラインレッスンは自分のペースで

ライザップの本部から「今日のオンラインレッスンは●●を作って下さい」といった形で来るわけではありません。

あくまで自分からアクションを起こして、それに対して返答を頂きます。なので生徒さんそれぞれで自分のペースで問い合わせをかけてるはずで、そうするとたくさん質問出来る人が得をすると思います。

積極的に活用していきたいと思います。

ページの先頭へ